ブログ

節分祭 〜平安神宮・吉田神社編〜

こんにちは!
洛龍菴スタッフ、みやぴ~なです(・∀・)

晴天のもと、平安神宮の節分祭にやって来ました。

setsubunsai_01

昔に比べて平安神宮の前が綺麗になりましたね~。

門に近づくにつれ、何か音が聞こえてきました!
時刻は15時ちょうどくらい。

少しの人だかりの奥、閉じられた朱色の門の前には

setsubunsai_02

鬼です!!
よくみると門を叩いている!(フリ)
これはもしかして、、、
やっぱり!鬼、侵入。

setsubunsai_03

中の人からすると、鬼がきた━━━━((((;゚Д゚))))━━━━!!
という感じだったのでしょうか。
外から見てもなかなか面白い演出です。

中に入ってみると、すごい人。
その中で鬼が暴れ回っています。

setsubunsai_04

と、暴れまわったのも束の間、
市民代表(事前に選ばれた方)の打豆にあい、今度こそ退散。

鬼がいなくなり、境内の真ん中のスペースが解放されました。
いよいよ「福豆撒き」です。

♪「おには~そと~」
♪「ふくは~うち~」

setsubunsai_05

という音頭に合わせて撒かれる福豆(袋入り)

setsubunsai_06

必死に豆をもらおうとする人々。
もちろん私もその中の一人です。

setsubunsai_07

ゲットした福豆 (S子さんと共同作業)と御朱印。

平安神宮の節分祭は、厳かな雰囲気で
日本本来の伝統行事を身をもって感じることが出来ます。
なんだか心が洗われたような気がしました。

心も清らかになったところで
続いては、吉田神社の節分祭!

setsubunsai_08

すっかり夜の帳がおりて時刻は18時。
何かが出てくるには良い時間です。
本宮よりもさらに上がり、出店の立ち並ぶ途中でストップ。

setsubunsai_09

下の本宮の方から行列が歩いてきます。
行列の真ん中には、、、

setsubunsai_10

トリオです。
本宮を追われた鬼たち。
心なしか疲れているような。

setsubunsai_11

邪気を見抜く力があると言われる方相氏(ほうそうし)。
強面ですが、鬼を払う神様です。
鬼が暴れないよう見張りながら、一行は山へ帰っていきました。

順番は逆になってしまいましたが本宮を参拝し、
出店を楽しみながら飲みながら帰路につきました。

setsubunsai_12

やっぱりお祭りは賑やかでいいですね。
以上、節分祭レポートでした(・∀・)

2017年2月6日京都観光