ブログ

毎月25日開催!北野天満宮の骨董市(天神市)

こんにちは。S子です!

更新が随分おそくなってしまいましたが、先月の天神市の様子を紹介したいと思います。

北野天満宮は、菅原道真公を祀る全国天満宮の総本社で、学問の神として有名です。

先月3月末にオープンしたばかりの洛龍菴のお宿である、
西陣いちい」と「一条かりん」からアクセスのよい神社です。

天神市というのは、北野天満宮で行われる骨董市で、菅原道真公の誕生日と命日にちなんで、
毎月25日に行われる縁日です。

今回は、西陣いちいの試泊のあと、スタッフのちぃきぃちゃんと二人で偵察に行ってきました。

到着したのは9時30分頃。一の鳥居の前は、すでにたくさんのお店と人々で賑わっています。

まず、目に止まったのは、個性的な手作りのアクセサリーを販売されているお店です。

まだ到着して間もないというのに、あまりの可愛らしさに二人してテンションがあがりっぱなし。
製作&販売されている作家のRumikoさんが素敵な方で、
すぐ打ち解けて話に花が咲き、前に進めません。(笑)

世界中の色々な国で集めたという、ポップでカラフルな色の素材を使って作られた作品からは、
Rumikoさんのお人柄と、LOVE & PEACEが伝わってきます!

絶対買う!でも、全部可愛くて一つだけなんて選べない!ということで、
また帰りに寄ってゆっくり選ばせてください、と伝えて先に進むことにしました。

鳥居をくぐるとさらにたくさんの出店が・・・
興味をそそられるお店がたくさんあります。

おしゃれな器屋さん。
カラフルで、レトロな可愛い着物屋さん。

なんと、こんなものまで。(サイズ感など、かなりリアルです
多分これは、骸骨型の貯金箱ですね。マニアにはたまらないかもしれません。1,500円也。

そして、個人的なおすすめはこちら。
色々な種類のものを試食させてもらえるのですが、この日試食させていただいたデコポンは
本当に甘くて、しかもかなりの量がはいってお値段も大変リーズナブル。

デコポンを購入し、フレンドリーなおじさんとさよならして、さらに中に進んでいきます。

楼門をくぐる手前までと、神社をぐるっと囲むようにたくさんのお店が出店しているので、
色々目移りしているとあっという間に時間が経ちます。

重要文化財である三光門をくぐり本殿のほうに入っていくと、
まだ3月末だったということもあり、色とりどりの梅が綺麗に咲いていました。

神社の中を一周して、三光門の方にもどっていくと、
ラッキーなことにちょうど猿回しのショーが始まるところでした。
この猿回し、面白くって可愛くて、気づいたら最後の最後まで見入ってしまいました。

そして、帰りにはRumikoさんのアクセサリー屋さんによって、ふたりともちゃっかりと
自分用のお土産を購入してきたのでした。

実は以前にも天神市を覗いたことはあったのですが、着いた時間が17時過ぎくらいで、
もうほとんどのお店が店じまい中のため不完全燃焼だったのですが、
今回は本当に思う存分に楽しむことができました。

朝9時くらいから夕方早めの時間がおすすめです。
25日に京都に来られることがありましたら、是非覗いてみてください。
色々な発見があると思います。

北野天満宮
http://www.kitanotenmangu.or.jp

2017年4月28日京都観光