ブログ

2017年8月

京都夏の風物詩~五山の送り火・地蔵盆~

こんにちは、みやぴーなです!
お盆を過ぎても、めちゃくちゃあつい京都です。

京都では8月16日に、お盆の締めくくりである五山の送り火が行われました。
今年はご縁あって、洛龍菴が提携している京都のタクシー会社、
「彌榮(ヤサカ)自動車」さんのビルの屋上で見させていただけることに!!

昨年はそれはもう、稀にみる悪天候で、途切れ途切れに見えた大の字が
違った意味で忘れられず印象的でした。

今年もお天気予報では天候が少し危ぶまれていましたが、
晴女(S子さん&私)・晴男(社長!?)のおかげで、とても綺麗に見えました!

その様子がこちら↓

2017年 五山の送り火

、、、あれ?五山ですが実際は六文字?
そうなんです。
妙と法はセットで数えるので、五山の送り火と呼ばれます。

なかなか市内で鳥居の見える箇所は少なく、私も28年目で初めて見ました!
貴重な機会と場所を提供下さったヤサカタクシーの皆様、
本当にありがとうございました!!

もう一つ、京都の風物詩といえば地蔵盆です。

壬生の地蔵盆

地域のお地蔵さんに日々の感謝と、子供たちの健やかな成長を祈る行事であります。
どうやら関西が中心の行事らしく、関東ではほとんど見かけないということを知り、
逆カルチャーショックでした。

主に朝から子供たちのゲームやおやつがメインイベントですが
夜には、親睦会と称して飲み会が行われるところも多いそう。

地蔵盆では「数珠回し」というものがあって
お坊さんがお経を読まれる間に長い数珠を回しあいます。
昔は早く回せばお菓子がたくさんもらえると思っていましたが
皆のスピードにも合わせなくてはならないので、
そんな訳にはいきませんでしたね。

そんな懐かしい地蔵盆、大人になって初参加のみやぴーなでした。

2017年8月26日京都観光

下鴨神社 みたらし祭

ご無沙汰しております(・∀・)みやぴーなです。

京都の夏が到来、毎日茹だるような暑さと戦っています。

7月後半の京都といえば、、、
みたらし祭!!!

下鴨神社

毎年、土用の丑の前後5日付近に、左京区の下鴨神社で行われます。
2017年は、7月22(土)~30日(日)の9日間でした。

そもそもこの “みたらし祭” は、普段は立ち入ることができない
御手洗池(みたらしいけ)の湧き水に足をつけ、ロウソクを奥の社に献灯し
罪や穢れを払って無病息災を祈る神事であります。

御手洗祭りのながれ

思っているよりも深さがあるので、
濡れないようにしっかり裾を捲りましょう。

御手洗祭り

驚くのは池の水の冷たいこと、この上ありません!
清らかな心の方は冷たくないのかもしれませんが
あちらこちらで「つめたっ」「冷たいー」との声が。
良かった、一安心です。皆で清めましょう。

灯明用ロウソクはお供え料300円です。
池の途中で着火箇所がいくつかあるのでそちらで灯火。

御手洗祭り

最後はロウソクだけを抜いて献灯します。

御手洗祭り

献灯後は、キンキンに冷えた足を労わりながら
ご神水の授与所で冷たいお水をいただけます。

御手洗祭り

一気に飲み干します。
ありがたや!!

今年は珍しいものを発見。

御手洗祭り みずみくじ

みずみくじ なるもの。

専用の水場がつくられていましたので
浮かせたところ、、、

御手洗祭り みずみくじ

文字です!!!
文字が浮かび上がってきました。
水の行事だけにアイデアが非常に面白い。

が、読めるまですこ~し時間がかかるのと、
ちょっぴり読みにくかったあたりは
来年には恐らく改良されているのでしょう。

さっ、締めくくりはやはりこれですね。

御手洗祭りのみたらし団子

みたらし団子っ!

もともと池の気泡のアイデアから生み出されたみたらし団子、
5個の団子はそれぞれ、頭と手足を表わしていて。
1つだけ離れているのは頭だからだそう。
焼きたてあっつあつのやわらか~で美味しかったです!

祭にはグルメ、これは外せないですね~。
以上、みやぴーなでした(・∀・)

みたらし祭

2017年8月5日京都観光