ブログ

京都市宿泊税制度のお知らせ

2018年10月1日より、京都市条例により、法定外目的税として宿泊税を導入します。
宿泊料金に応じた宿泊税をご負担いただきますこと何卒ご了承くださいませ。

課税額につきましては、1泊1室1人当たりの宿泊料金が2万円未満の場合は1人1泊200円、
2万円以上5万円未満の場合は500円、5万円以上の場合は1,000円となります。
http://www.city.kyoto.lg.jp/gyozai/page/0000232119.html

各予約サイトにて予約時に表示される宿泊料金には、宿泊税が含まれておりませんので、
ご到着時にインフォメーションデスクにてお支払いをお願いいたします。

お電話、またはメールにてご予約いただきましたお客様(お振込によるお支払い)につきましては、
宿泊税を含めた料金にてご案内させていただきます。

宿泊料金(1名様あたりの1泊分室料) 宿泊税
1〜19,999円 200円
20,000円〜49,999円 500円
50,000円〜 1,000円

 

お客様には多大なご迷惑とご負担をお掛けします事、心よりお詫び申し上げますと共に、
何卒ご理解とご協力を賜りますよう、謹んでお願い申し上げます。

 

宿泊税の目的と使途

宿泊税は、国際文化観光都市としての魅力を高め、観光の振興を図る施策に要する費用に充てるために、京都市が独自に導入した法外目的税です。
宿泊税によって得られた税収は、以下のことに充てられます。

  • 住む人にも訪れる人にも京都の品格や魅力を実感できる取組の推進
  • 入洛客の増加など、観光を取り巻く情勢の変化に対応する受け入れ環境の整備
  • 京都の魅力の国内外への情報発信の強化

 

2018年4月25日ニュース