ブログ

Categorys:京都観光

第67回 北野をどり

©上七軒歌舞会 2018年「北野をどり」より

第67回「北野をどり」の千秋楽に行ってまいりました。

上七軒歌舞練場の北野をどりは、今回初めての体験です。
入り口を入るとすぐに渡り廊下のようになっていて、その下にはたくさんの錦鯉が泳いでいます。
なんとも風情ある和風な異空間で、水の音と鯉が泳ぐ姿に心癒されます。

今回は、お茶席付きのチケットでしたので、開演前に2階のお座敷で、お茶菓子とお抹茶をいただきます。甘味が乗ってきたお皿は、お土産としてお持ち帰りができるのです。

お茶をいただいてからお席に着くと、前から3列目の花道側というなんとも贅沢な特等席でした。

第一部は、よくある夫婦の痴話喧嘩を、とてもわかりやすいストーリー仕立てにしてあって、思わずクスリと笑ってしまうようなユーモアたっぷりの舞台となっていました。時間的には長めの舞台だったと思いますが、最後までまったく飽きずに時間を忘れて楽しめました。

途中15分ほどの幕間のあと、第二部では、四季折々の舞台が繰り広げられます。
春夏秋冬と入れ替わる季節に応じた舞台セット、それに合った美しい着物を身にまとった舞妓さんや中堅の艶やかな芸妓さん、大ベテランそうな大御所のお姐さんが登場し、次々に踊りを披露します。
最後は一気にフィナーレ。北野をどりでも人気の「上七軒夜曲」で、全員揃って登場です。舞妓さんは色違いの振袖、芸妓さんは黒留袖を着ています。
花道側に来た芸妓さんが投げてくれた手ぬぐいをキャッチすることができました!

本当にすばらしい舞台で、最後は胸いっぱい、心踊る気持ちになりました。
また是非次回も行きたいと思います!

2019年4月10日京都観光

十日ゑびす~京都えべっさん~

こんにちは、みやぴ~なです(^ω^)
相も変わらず京都は極寒の日々が続いております。
寒さは本当に足元から来ますね~~~ブルッ

そんな寒い中でも、お祭り大好き!洛龍菴呑んべえ2人組が
京都ゑびす神社の十日ゑびす大祭へ行って来ました~。
もちろん、商売繁盛の祈願のためですよっ
四条通より南側の縄手通りは、昼間からすっかりお祭りモード!
歩行者天国になっていて、たい焼きやら鰯やら出店が立ち並んでいます。

まずは本殿にお参りします。
おおっ、ひと際目をひく豪快なその姿は!!!

ど~~~ん!っと大マグロです!!
迫力満点!

神社の境内自体はそんなに規模もない中、たくさんの参拝者で大賑わいです。

十日ゑびす

早速ですが福笹を授与して、笹につける縁起物を選ぶのに2人とも夢中です。

宝船や鯛、小槌など10種類以上ある中で、
欲深くてなかなか選べないため、見た目(可愛らしさ♡)と直感で選びました!
強面のおじさんも綺麗なお姉さんも、みんなが思い思いの笹を持っていて
初めて笹を手にしたみやぴ~なは、嬉しさのあまり小躍りしそうでした。

十日ゑびす

室内の乾燥で大きかった笹は少しコンパクトになりましたが
今は我らが社長の後ろで、シャラシャラと見守ってくれています。
社長は4日目にして気づいてくれました~笑

十日ゑびす

シャラシャラ~♪

しかし一つだけ残念なことが。。。
勉強不足の私たちは、寄り道をしてはいけないことを知らなかったので、
ご利益が半減してしまったかも、、ガーン
神頼みすぎるのも良くないですが、本当に困った時はお助けください~涙

以上みやぴ~なの年明けでした(・ω・)

 

京都ゑびす神社(十日ゑびす大祭)
京都市東山区大和大路四条南
http://www.kyoto-ebisu.jp/tooka.html

2018年1月21日京都観光

京都夏の風物詩~五山の送り火・地蔵盆~

こんにちは、みやぴーなです!
お盆を過ぎても、めちゃくちゃあつい京都です。

京都では8月16日に、お盆の締めくくりである五山の送り火が行われました。
今年はご縁あって、洛龍菴が提携している京都のタクシー会社、
「彌榮(ヤサカ)自動車」さんのビルの屋上で見させていただけることに!!

昨年はそれはもう、稀にみる悪天候で、途切れ途切れに見えた大の字が
違った意味で忘れられず印象的でした。

今年もお天気予報では天候が少し危ぶまれていましたが、
晴女(S子さん&私)・晴男(社長!?)のおかげで、とても綺麗に見えました!

その様子がこちら↓

2017年 五山の送り火

、、、あれ?五山ですが実際は六文字?
そうなんです。
妙と法はセットで数えるので、五山の送り火と呼ばれます。

なかなか市内で鳥居の見える箇所は少なく、私も28年目で初めて見ました!
貴重な機会と場所を提供下さったヤサカタクシーの皆様、
本当にありがとうございました!!

もう一つ、京都の風物詩といえば地蔵盆です。

壬生の地蔵盆

地域のお地蔵さんに日々の感謝と、子供たちの健やかな成長を祈る行事であります。
どうやら関西が中心の行事らしく、関東ではほとんど見かけないということを知り、
逆カルチャーショックでした。

主に朝から子供たちのゲームやおやつがメインイベントですが
夜には、親睦会と称して飲み会が行われるところも多いそう。

地蔵盆では「数珠回し」というものがあって
お坊さんがお経を読まれる間に長い数珠を回しあいます。
昔は早く回せばお菓子がたくさんもらえると思っていましたが
皆のスピードにも合わせなくてはならないので、
そんな訳にはいきませんでしたね。

そんな懐かしい地蔵盆、大人になって初参加のみやぴーなでした。

2017年8月26日京都観光

下鴨神社 みたらし祭

ご無沙汰しております(・∀・)みやぴーなです。

京都の夏が到来、毎日茹だるような暑さと戦っています。

7月後半の京都といえば、、、
みたらし祭!!!

下鴨神社

毎年、土用の丑の前後5日付近に、左京区の下鴨神社で行われます。
2017年は、7月22(土)~30日(日)の9日間でした。

そもそもこの “みたらし祭” は、普段は立ち入ることができない
御手洗池(みたらしいけ)の湧き水に足をつけ、ロウソクを奥の社に献灯し
罪や穢れを払って無病息災を祈る神事であります。

御手洗祭りのながれ

思っているよりも深さがあるので、
濡れないようにしっかり裾を捲りましょう。

御手洗祭り

驚くのは池の水の冷たいこと、この上ありません!
清らかな心の方は冷たくないのかもしれませんが
あちらこちらで「つめたっ」「冷たいー」との声が。
良かった、一安心です。皆で清めましょう。

灯明用ロウソクはお供え料300円です。
池の途中で着火箇所がいくつかあるのでそちらで灯火。

御手洗祭り

最後はロウソクだけを抜いて献灯します。

御手洗祭り

献灯後は、キンキンに冷えた足を労わりながら
ご神水の授与所で冷たいお水をいただけます。

御手洗祭り

一気に飲み干します。
ありがたや!!

今年は珍しいものを発見。

御手洗祭り みずみくじ

みずみくじ なるもの。

専用の水場がつくられていましたので
浮かせたところ、、、

御手洗祭り みずみくじ

文字です!!!
文字が浮かび上がってきました。
水の行事だけにアイデアが非常に面白い。

が、読めるまですこ~し時間がかかるのと、
ちょっぴり読みにくかったあたりは
来年には恐らく改良されているのでしょう。

さっ、締めくくりはやはりこれですね。

御手洗祭りのみたらし団子

みたらし団子っ!

もともと池の気泡のアイデアから生み出されたみたらし団子、
5個の団子はそれぞれ、頭と手足を表わしていて。
1つだけ離れているのは頭だからだそう。
焼きたてあっつあつのやわらか~で美味しかったです!

祭にはグルメ、これは外せないですね~。
以上、みやぴーなでした(・∀・)

みたらし祭

2017年8月5日京都観光

毎月25日開催!北野天満宮の骨董市(天神市)

こんにちは。S子です!

更新が随分おそくなってしまいましたが、先月の天神市の様子を紹介したいと思います。

北野天満宮は、菅原道真公を祀る全国天満宮の総本社で、学問の神として有名です。

先月3月末にオープンしたばかりの洛龍菴のお宿である、
西陣いちい」と「一条かりん」からアクセスのよい神社です。

天神市というのは、北野天満宮で行われる骨董市で、菅原道真公の誕生日と命日にちなんで、
毎月25日に行われる縁日です。

今回は、西陣いちいの試泊のあと、スタッフのちぃきぃちゃんと二人で偵察に行ってきました。

到着したのは9時30分頃。一の鳥居の前は、すでにたくさんのお店と人々で賑わっています。

まず、目に止まったのは、個性的な手作りのアクセサリーを販売されているお店です。

まだ到着して間もないというのに、あまりの可愛らしさに二人してテンションがあがりっぱなし。
製作&販売されている作家のRumikoさんが素敵な方で、
すぐ打ち解けて話に花が咲き、前に進めません。(笑)

世界中の色々な国で集めたという、ポップでカラフルな色の素材を使って作られた作品からは、
Rumikoさんのお人柄と、LOVE & PEACEが伝わってきます!

絶対買う!でも、全部可愛くて一つだけなんて選べない!ということで、
また帰りに寄ってゆっくり選ばせてください、と伝えて先に進むことにしました。

鳥居をくぐるとさらにたくさんの出店が・・・
興味をそそられるお店がたくさんあります。

おしゃれな器屋さん。
カラフルで、レトロな可愛い着物屋さん。

なんと、こんなものまで。(サイズ感など、かなりリアルです
多分これは、骸骨型の貯金箱ですね。マニアにはたまらないかもしれません。1,500円也。

そして、個人的なおすすめはこちら。
色々な種類のものを試食させてもらえるのですが、この日試食させていただいたデコポンは
本当に甘くて、しかもかなりの量がはいってお値段も大変リーズナブル。

デコポンを購入し、フレンドリーなおじさんとさよならして、さらに中に進んでいきます。

楼門をくぐる手前までと、神社をぐるっと囲むようにたくさんのお店が出店しているので、
色々目移りしているとあっという間に時間が経ちます。

重要文化財である三光門をくぐり本殿のほうに入っていくと、
まだ3月末だったということもあり、色とりどりの梅が綺麗に咲いていました。

神社の中を一周して、三光門の方にもどっていくと、
ラッキーなことにちょうど猿回しのショーが始まるところでした。
この猿回し、面白くって可愛くて、気づいたら最後の最後まで見入ってしまいました。

そして、帰りにはRumikoさんのアクセサリー屋さんによって、ふたりともちゃっかりと
自分用のお土産を購入してきたのでした。

実は以前にも天神市を覗いたことはあったのですが、着いた時間が17時過ぎくらいで、
もうほとんどのお店が店じまい中のため不完全燃焼だったのですが、
今回は本当に思う存分に楽しむことができました。

朝9時くらいから夕方早めの時間がおすすめです。
25日に京都に来られることがありましたら、是非覗いてみてください。
色々な発見があると思います。

北野天満宮
http://www.kitanotenmangu.or.jp

2017年4月28日京都観光
1 / 212