ブログ

Categorys:京都観光

都をどり 2017 in 春秋座

こんにちは(・∀・)みやぴーなです。

ついに春がやってきました。
洛龍菴の京町家も桜のシーズンを終え、物件の坪庭の葉や花が鮮やかに色付き始めました。

こちらは「朱雀やまぶき」の坪庭です。

春の花である”やまぶき”が美しく咲いています。

S子さんと私は春の陽気に誘われて、京の春の風物詩である都をどりに行ってきました。

都をどりの始まりは明治維新まで遡ります。
日本の都が東京に移るとき、京都が衰退していくことを懸念した当時の府知事・副知事が
博覧会を開催し、そのときの娯楽として芸舞妓の鼓舞とお茶席を披露しました。
以降、戦時中の6年間を除いて毎年春に行われており、今では様々な国からも見に来られます。

そんな都をどり、祇園歌舞練場が耐震工事のため一時休業となっているため、今年は特別に左京区にある京都造形芸術大学内「京都芸術劇場 春秋座」にて行われました。

大階段が正面にあるキャンパス。

カフェテリアの壁面には、、、

靴に鼻緒が!!
日本文化と芸術の融合です。

春秋座の入口は別に設けられています。

開演の1時間前から始まるお茶席へ案内されました。
舞妓さんのお点前を拝見しながら、お饅頭とお抹茶をいただきます。
緊張して3口でお饅頭を食べる私!
お皿は記念品として持ち帰って良いそうです。
お皿の団子模様は5色、私は洛龍菴カラーの緑色でした!

そしていよいよ都をどりの舞台へ
お茶席もですが舞台はもちろん、写真撮影は一切禁止です。

舞妓さん達の「よ~いやさぁ~」という掛け声で始まった舞台。
色鮮やかな青の着物を着た舞妓さんが、一糸乱れず踊る姿は本当に綺麗でした。
演目は6つあり、鞍馬山の牛若丸や寂光院の尼さんに扮しておられるのも、
まるでそのまま物語から登場人物が出てきたかのように美しく臨場感溢れるものでした。

一番の見どころは、芸舞妓さんが勢揃いして踊る最後の演目です。
春秋座特有の回転舞台を利用して全員が集結し、踊る舞は大変迫力があり圧巻の一言です。

毎年30日ある公演日数が、今年は大学の授業との兼ね合いもあり21日に減ってしまったそう。
そんな少ない貴重な年に、特別な舞台でみせていただけたことを心から有難く思いました。

是非来年も「をどり鑑賞」をし、他の花街の文化にも触れてみたいと思います!

以上、みやぴーなでした(・∀・)

2017年4月21日京都観光

伏見稲荷大社~初午大祭~

こんにちは。
初登場、洛龍菴スタッフのキューちゃんです。
先日早起きをして、伏見稲荷大社の初午のお参りへ行ってきました。

伏見稲荷初午大祭

今年は日曜日というのもあって、早い時間でも人がたくさん。

初午大祭とは、毎年2月の最初の午の日に行われます。
ちなみに、2017年の初午は2月12日でした。

全国の稲荷信仰の原点ともいうべき稲荷山へ
稲荷大明神が初めて降り立った日に因んで行われる祭事です。

伏見稲荷初午大祭

人が少ない時を見計らってパシャリ。
こちらはたくさんのお供え物。
みなさん商売繁盛や厄除け祈願に来られています。

私も持参の稲荷寿司をお供えして「しるしの杉」を授与しました。

fushimi_03

この「しるしの杉」、杉は伏見稲荷大社のご神木であり
また木の昌に生い茂ることから「富の木」とも称えられています。
多くの方が参拝し、この「しるしの杉」を手にして帰ります。

もともと稲荷神の神使は白狐ということもあり、
油揚げをお供えする風習もあるようです。
諸説は様々ですが、農作物を荒らしたネズミを白狐が退治してくれたんだとか。

今回私は手作りの稲荷寿司をお供えしてきました。
朝3時半に起きて、愛情込めて作ったお稲荷さんです。

愛情込めて作ったお稲荷さん

洛龍菴スタッフが美味しく頂きました!!

以下スタッフの感想
「美味しいです!おあげにしっかり味が染みていて甘めの味付けが最高っ」みやぴーな
「全部手作りですか!?めちゃ美味しい!みやぴーなさん何個食べたの?」S子
「2個ですっ、もっと食べたい(`・ω・´)」みやぴーな
「じゃあ私も~っ」S子
と、美味しそうに頬張っておられるのを見て
作ったかいがあったのと、また作ってこようと思いました!

お読みいただき、ありがとうございました。

2017年2月16日京都観光

節分祭 〜平安神宮・吉田神社編〜

こんにちは!
洛龍菴スタッフ、みやぴ~なです(・∀・)

晴天のもと、平安神宮の節分祭にやって来ました。

setsubunsai_01

昔に比べて平安神宮の前が綺麗になりましたね~。

門に近づくにつれ、何か音が聞こえてきました!
時刻は15時ちょうどくらい。

少しの人だかりの奥、閉じられた朱色の門の前には

setsubunsai_02

鬼です!!
よくみると門を叩いている!(フリ)
これはもしかして、、、
やっぱり!鬼、侵入。

setsubunsai_03

中の人からすると、鬼がきた━━━━((((;゚Д゚))))━━━━!!
という感じだったのでしょうか。
外から見てもなかなか面白い演出です。

中に入ってみると、すごい人。
その中で鬼が暴れ回っています。

setsubunsai_04

と、暴れまわったのも束の間、
市民代表(事前に選ばれた方)の打豆にあい、今度こそ退散。

鬼がいなくなり、境内の真ん中のスペースが解放されました。
いよいよ「福豆撒き」です。

♪「おには~そと~」
♪「ふくは~うち~」

setsubunsai_05

という音頭に合わせて撒かれる福豆(袋入り)

setsubunsai_06

必死に豆をもらおうとする人々。
もちろん私もその中の一人です。

setsubunsai_07

ゲットした福豆 (S子さんと共同作業)と御朱印。

平安神宮の節分祭は、厳かな雰囲気で
日本本来の伝統行事を身をもって感じることが出来ます。
なんだか心が洗われたような気がしました。

心も清らかになったところで
続いては、吉田神社の節分祭!

setsubunsai_08

すっかり夜の帳がおりて時刻は18時。
何かが出てくるには良い時間です。
本宮よりもさらに上がり、出店の立ち並ぶ途中でストップ。

setsubunsai_09

下の本宮の方から行列が歩いてきます。
行列の真ん中には、、、

setsubunsai_10

トリオです。
本宮を追われた鬼たち。
心なしか疲れているような。

setsubunsai_11

邪気を見抜く力があると言われる方相氏(ほうそうし)。
強面ですが、鬼を払う神様です。
鬼が暴れないよう見張りながら、一行は山へ帰っていきました。

順番は逆になってしまいましたが本宮を参拝し、
出店を楽しみながら飲みながら帰路につきました。

setsubunsai_12

やっぱりお祭りは賑やかでいいですね。
以上、節分祭レポートでした(・∀・)

2017年2月6日京都観光

節分会 〜壬生寺編〜

みなさん、こんにちは。洛龍菴スタッフS子です!
昨日は2月3日、節分の日ということで、洛龍菴のスタッフのみやぴ〜なさんと一緒に、壬生寺と平安神宮に行ってきました!

壬生寺

壬生寺(みぶでら)は、新撰組ゆかりの地として有名なお寺でもありますが、古くから京都三大狂言のひとつである「壬生狂言」や、節分会などでも有名なお寺です。
壬生寺では毎年、2月2日~4日にかけて冬の京都観光行事として有名な「厄除節分会」が行われます。

節分会ということで、たくさんの出店もでており、多くの人々と活気で大変賑わっていました。
境内に向う途中に目に付いたのはこのような大量の素焼きのお皿。みんな筆で何かを記入しています。

mibu_02_2

これは、壬生寺名物の焙烙(ほうらく)の厄除け祈願で、人々は皿の表面に厄除けしたい家族の名前とお願い事を書き込んで、奉納します。

奉納されたお皿は、4月の壬生狂言が始まる時舞台の前面に積み上げられ、最初の演目で3メートル下に落とされ粉々に砕かれます。それによって厄(やく)を払うことができるというものです。

そして、、、お目当の壬生狂言を見るために拝観通路へ向かいます。
狂言を見ることができるのは1年のうちで、節分会と春秋の計3回のみ。
ここぞとばかりに長蛇の列ができており、すでに1回目の13時の回も満員で、13時前だというのにすでに14時の回の列ができ始めていました。

mibu_03

忍耐力のない私たちは、割とあっさり断念し、境内を散策することに。
狂言は見られなかったものの、なかなかたくさんの見所があるお寺で、水かけ地蔵、千体仏塔、阿弥陀堂、一夜天神堂、歯薬師如来などが祀られています。

一通りお参りをすませたところで、境内にある出店でおでんと土手焼きを注文し、お店の奥でまったり。おでんも土手焼きも、味がしゅんでちょうどええ〜感じでした!
私たち呑んべい部隊としては、一緒にビールや日本酒をくぅっとやりたくなります・・
この感じ。B級グルメ好きにはたまりません。

mibu_04

後から調べてみたところ、壬生寺の節分会にも鬼や山伏が出現するそうで、
壬生寺の節分会の魅力は1回の訪問だけではまだまだ知り得ないのだな〜と感じました。

訪問の時間や日にちを変えることで、まだまだ色々な魅力を発見できそうです!
そして、いつか、壬生狂言も実際肌で感じて体験をしてみたいと思いました!

洛龍菴のお宿である、壬生どうだん壬生もみじからも歩いて行ける距離なので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。きっと色々な発見があると思います。

この後、一行は平安神宮の節分祭へ向かいます。
壬生寺の節分会とはまた全然違う、厳かな雰囲気だったのですが、こちらのレポートはみやぴ〜なさんにお任せしたいと思います!

お楽しみに★

2017年2月4日京都観光
2 / 212